ブルーレイ 月組 珠城りょう『WELCOME TO TAKARAZUKA―雪と月と花と―』 『ピガール狂騒曲』〜シェイクスピア原作「十二夜」より〜 (S:0270)

  • Доставка по Японии:Бесплатно
  • Состояние:new
  • В наличие:Да
  • Другие лоты продавца: honyaclub_4939804131305
  • Рейтинг продавца:
  • Магазины: Открыть товар на Yahoo
  • ギフトラッピング

(~$104)

(включая налог)

Кол:

В избранные

○Story
『WELCOME TO TAKARAZUKA ―雪と月と花と―』
日本人の精神性の原点ともされる「雪月花」をテーマに、四季折々の自然の美しさ、そこから生まれる心情を紡ぎ上げる日本物レビュー。宝塚歌劇の伝統である洋楽での日本舞踊の魅力を、より多くの人々にお届け出来るよう、世界中で愛され続ける名曲を用いて構成。
監修は、歌舞伎界のみならず様々な舞台で活躍を続ける坂東玉三郎氏が担当。


『ピガール狂騒曲』
1900年、パリ。後にベル・エポック(輝かしき時代)と謳われるこの頃、万国博覧会の開催に人々は浮かれ、新世紀の到来に沸き立っていた。そんな時代の象徴、モンマルトルの丘の麓に聳え立つ赤い風車――ムーラン・ルージュ。パリ一番のミュージック・ホールとして知られていたが、新興のレビュー小屋に客を取られ、今や経営難に陥っている。
支配人のシャルル・ジドレールは、ある女性を新作のレビューの主役に立てることで起死回生を図ろうとしていた。彼女の名はガブリエル・コレット。今をときめく人気作家アンリ・ゴーティエ=ヴィラール(ウィリー)の妻であるガブリエルは、一作家夫人に留めておくには勿体ないほどの美貌の持ち主で、ウィリーの代表作『クロディーヌ』のモデルと目されていた。そんな彼女がムーラン・ルージュに登場すれば話題性は抜群、客を呼ぶ目玉になるが、一体どうやってガブリエルを口説き落とすのか?シャルルが途方に暮れていたその時、一人の青年がムーラン・ルージュを訪ねてくる。彼はジャック・ヴァレットと名乗り、夢のあるこの場所で働かせて欲しいと頼み込む。どんな仕事でも構わないというジャックに、シャルルはガブリエルの説得を命じ、その役目を果たせたら秘書として雇うと約束する。早速ガブリエルのもとへ赴くジャックだが・・・実は重大な秘密を抱えていた――

⇒『珠城りょう』の他作品はこちら

○Story
『WELCOME TO TAKARAZUKA ―雪と月と花と―』
日本人の精神性の原点ともされる「雪月花」をテーマに、四季折々の自然の美しさ、そこから生まれる心情を紡ぎ上げる日本物レビュー。宝塚歌劇の伝統である洋楽での日本舞踊の魅力を、より多くの人々にお届け出来るよう、世界中で愛され続ける名曲を用いて構成。
監修は、歌舞伎界のみならず様々な舞台で活躍を続ける坂東玉三郎氏が担当。


『ピガール狂騒曲』
1900年、パリ。後にベル・エポック(輝かしき時代)と謳われるこの頃、万国博覧会の開催に人々は浮かれ、新世紀の到来に沸き立っていた。そんな時代の象徴、モンマルトルの丘の麓に聳え立つ赤い風車――ムーラン・ルージュ。パリ一番のミュージック・ホールとして知られていたが、新興のレビュー小屋に客を取られ、今や経営難に陥っている。
支配人のシャルル・ジドレールは、ある女性を新作のレビューの主役に立てることで起死回生を図ろうとしていた。彼女の名はガブリエル・コレット。今をときめく人気作家アンリ・ゴーティエ=ヴィラール(ウィリー)の妻であるガブリエルは、一作家夫人に留めておくには勿体ないほどの美貌の持ち主で、ウィリーの代表作『クロディーヌ』のモデルと目されていた。そんな彼女がムーラン・ルージュに登場すれば話題性は抜群、客を呼ぶ目玉になるが、一体どうやってガブリエルを口説き落とすのか?シャルルが途方に暮れていたその時、一人の青年がムーラン・ルージュを訪ねてくる。彼はジャック・ヴァレットと名乗り、夢のあるこの場所で働かせて欲しいと頼み込む。どんな仕事でも構わないというジャックに、シャルルはガブリエルの説得を命じ、その役目を果たせたら秘書として雇うと約束する。早速ガブリエルのもとへ赴くジャックだが・・・実は重大な秘密を抱えていた――

⇒『珠城りょう』の他作品はこちら

Похожие товары